男

口コミで人気のチャップアップを購入【育毛効果ハッピーアップ】

自毛を移植して薄毛解消

育毛

育毛剤とウィッグの比較

近年では、男性だけでなく女性にも薄毛に悩む人が増加しています。薄毛に悩む人が考える選択肢として植毛、育毛剤、ウィッグがあります。薄毛を解消する方法として育毛剤やウィッグを選択する方が大勢います。また、育毛効果があるシャンプーやサプリメント等を使用する方もいます。植毛の費用を考えると育毛剤やウィッグが低価格のように感じます。しかし、育毛剤は価格も手頃で使いやすいのですが、効果が出るまでに時間がかかります。何度も購入して長期間使い続けると結果的には費用がかかることになります。ウィッグは、頭部に装着するだけで簡単に薄毛を解消できますが、定期的なメンテナンスが必要になります。常にウイッグをつけていると頭皮が蒸れてしまい炎症を起こす場合もあります。

自毛移植するメリット

では、植毛について説明します。薄毛になっている部分に自分の髪の毛を移植する治療方法が自毛植毛です。以前はナイロン等の合成繊維で作られた人工毛が使われていました。しかし、人工毛は頭皮に炎症を起こすことが多く現在では殆ど使われていません。20代から生え際やつむじの周囲が薄毛になる方は、男性型脱毛症(AGA)を発症していると考えられます。男性型脱毛症の方は後頭部や側頭部に髪の毛が残るので、後頭部の髪の毛を生え際やつむじに移植します。男性型脱毛症は、男性ホルモンの変化が原因で発症します。変化した男性ホルモンの影響を受けるのは生え際やつむじの毛根だけで、後頭部や側頭部の毛根は影響を受けにくいといわれています。そこで、影響を受けにくい後頭部の髪の毛を頭皮や毛根ごと薄毛部分に移植します。移植された髪の毛は、変化した男性ホルモンの影響を受けずに薄毛部分に根付いて成長していきます。移植した後は、発毛すればメンテナンスは不要になり通院する必要はありません。また、自分の髪の毛なので自然な仕上がりになります。